美味しいお米の召し上がり方

お米はほんの少しの手間と知識でおいしく頂くことができます。 お米を美味しく、食べてもらうための知識をご紹介。

お米の保管方法

  1. 風通しのよい涼しい場所で保存して下さい(日が当たらない場所がベストです)。
  2. 保存する容器(米びつ等)の中も月に一度はお掃除しましょう。
  3. もし、虫がわいてしまったら、新聞紙等にお米を広げ陰干しすれば、虫は退散します。

お米のおいしい炊き方

  1. 手早くお米を研ぐ。
    最初はたっぷりの水で手早く洗いあとは2~3回洗い流す。
  2. 水加減は正確に。
    (新米は水加減を減らしてください)
  3. お米をお水につけておく。
    充分に水を吸わせることがふっくら仕上げるポイントです。
    夏は30分、冬は1時間程度がベストです。
  4. しゃもじでほぐす。
  5. じっくり蒸らす。 10分~15分程度蒸らしましょう。

お米の炊き方が失敗してしまった場合

  • ベタベタしてしまったら・・・
    水加減を多すぎるとこうなってしまいます。そこで、一度切れた炊飯器のスイッチをもう一度いれて再加熱します。あとはたっぷり蒸して下さい。
  • しんが残ってしまったら・・・
    お米3カップにつき大さじ1~1・5倍程度の酒を振りかけもう一度、炊飯器のスイッチを入れます。しんの残り方がひどい時は、水を少々加えると良いでしょう。
  • ボソボソしてしまったら・・・
    蒸らしすぎの場合が多いのですが、そんな時は、器のご飯をよそって、少量のサラダ油かみりんをふりかけ、電子レンジに数秒かけますと、ごはんのつやがよみがえります。

残りごはんをおいしく食べる方法と保存方法

  1. 再加熱は水分がポイントです。若干の水を加え、ラップで包むなどの工夫が必要です。
  2. 残りごはん炊きたてのうちにラップに包んで冷凍保存。ポイントは平たくすること。
    また、小分けして保存すると食べたい分だけ電子レンジで解凍・再加熱できます。
  3. 味はほとんど炊きたてと変わりません。
    ※炊きたてのごはんを冷ましてから冷凍庫へ入れることをおすすめします。